HOME > 進路 > SGH概要

本校の進路指導

グローバルリーダーの育成を目指して

本黌は平成26年度より文部科学省から「国際的素養を備え世界をリードする済々多士教育プログラムの開発」を構想名とし、スーパーグローバルハイスクールの指定を受けました。本黌では、国際社会における洞察力や語学力などの国際的素養を備え、日本の伝統・文化・歴史などに関する深い教養と、課題を自ら発見し解決していく力、批判的思考によりイノベーションをもたらす創造力を持った人材をグローバルリーダーと定義し、その育成を図っていきます。
進路指導部としても、地域や国内のみならず、世界的視野で将来を担うグローバルリーダーを育成し、送り出すことを目指していきます。


世界に目を向けよ!

グローバルリーダーを志向する進路のあり方

グローバルリーダーを志向する進路選択のあり方としては、以下の項目なども、選択肢の一つとして考える必要があります


高校在学中に海外高校に留学する
高校卒業後、海外大学へ進学する
大学在学中に海外大学へ留学する
海外での研修やボランティア活動に参加する

これまで本黌では、海外に留学する生徒、海外の大学へ進学する生徒は少ないのが実情でしたが、全国的には、高校卒業後に直接海外の大学に進学する高校生は増えています。中高一貫校では海外の研修はあたり前になっており、短期から長期までの留学制度を設けたり、英語教育に力を入れる学校も多いようです。
今回のスーパーグローバルハイスクールの指定を受け、校内外で新しい先進的な取り組みを数多く計画しています。これからの時代を生きてゆく生徒達にとって、今後ますます進行するグローバル化社会への対応能力の獲得は必要不可欠です。SG関係のさまざまな教育活動は、国際的素養を身につける絶好の機会となります。本黌のすべての生徒が、世界に目を向けた視点での学習活動に積極的に参加し取り組むことによって、国際的素養を身につけて欲しいと思います。