HOME > 学校紹介 > 済々黌の四季

黌内で出会う鳥を紹介します(11月)

日付 : 17-11-10 00:00     HIT : 60    

■コゲラ(1枚目)
まだら模様が特徴的な鳥、コゲラに出会いました。シャッターチャンスを待っていると、コツコツと音が。もしかしてと思いよく見てみると、案の定、嘴で木を叩いていました。そう、コゲラはキツツキの仲間です。日本に生息するキツツキの中では、一番小さいサイズです。キツツキとの初めての出会いに興奮するとともに、観察することの面白さを感じた瞬間でした。また、木を叩きながら、器用にも後ろにスライドする姿も見られ、前進する鳥しか見たことがなかった私にとっては驚きでもありました。

■シジュウカラ(2枚目)
割とよく見られる鳥ですが、ようやくカメラに収めることができました。甲高い鳴き声に、白いほっぺたが特徴的です。漢字では四十雀と書きますが、たくさん群れるからという説や、四十匹の雀の価値があるからという説もあるとか。こんなことを言われては、親しみやすい距離にいてくれる雀から不満の声があがりそうですね。

(写真・文/福田)






済々黌の四季

2017



2016



 1  2  3  4  最後