HOME > 学校紹介 > 済々黌の四季

黌内で出会う生き物や育てている花・野菜を紹介します(7月)

日付 : 17-07-26 00:00     HIT : 196    

■ヒマワリ
南棟花壇に、“フォトジェニック(写真うつりの良い)”なヒマワリ畑が出来上がりました。高さを変えてヒマワリを配置し、マリーゴールドで足下も賑やかに仕上がっています。すべて種から育てており、すくすく成長する様子を見守りながら、開花を心待ちにしていました。どの花も隠れることなく見えるのが嬉しいですね。ヒマワリで描く黄線、いかがでしょうか。

■オクラ
昨年試験的に行った家庭菜園を継続したい、と意欲的になってくれた生徒が、今季はオクラ・バジル・サツマイモを育てています。オクラは葉が生い茂っているため花が見えづらいのですが、なかなか見事な花が咲きます。この花には蕾の時期からアリが列をなして集まってきます。花が終わるとオクラができるため収穫に影響するかと思いきや、案外そうでもなさそうです。花の蜜をおすそ分け、とばかりにそっとしておくことにしました。

■カミキリムシ
今年は生き物も紹介しようと黌内を散歩していたところ、出会いました、カミキリムシ。本当に紙を切るのか、昔試してみたことがあります。強力な顎で噛み切ります、面白いです。ただ掴むとギーギー鳴きながら嫌がります。その顎で反撃されたらたまりませんが、動きはゆっくりで穏やかな性格のようです、安心してください。

(写真・文/福田)






済々黌の四季

2017



2016



 1  2  3  4  最後