HOME > 学校紹介 > 済々黌の四季

黌内の銀杏やモミジが紅葉を迎えました(12月17日)

日付 : 15-12-17 10:06     HIT : 2064    

■イチョウ(1段目~5段目)
 本黌のイチョウが綺麗に色づいてます。済々黌に植えてあるイチョウは雄株ばかりなのでしょうか、銀杏が落ちているのを見ることはないようです。

■イチョウのハート(2段目)
 この何年かですっかりお馴染みとなったイチョウで作るハートです。落葉をゴミとみなして掃いて捨てるのではなく、アートに活かすという発想が素敵ですね。これを見ると年末が近づいていると感じます。

■モミジ(6,7段目)
 真っ赤に色づいてとても綺麗です。イチョウといいモミジといい、済々黌内で充分に紅葉が楽しめます。
(写真:境・石川/文:境)






済々黌の四季

2016

 桜の花が満開を迎えました。あいにく午後から雨の予報でしたので桜が花びらが散る前にと、曇りでしたが撮影しました。 今まで黌内の花をたくさん写真に収めてこられた境先生がこの度、異動となられました。季節ごとの綺麗な写真をホームページに提供して頂き、本当にありがとうございました。 ・・・ 詳細を見る
2016/02/05 照会: 2419

・・・ 詳細を見る


2015

管理棟正面玄関前のプランターに咲いています。11月上旬に3年生の女子美化委員が植えてくれました。「パンジーですか?」とよく言われるのですが、「よく咲くスミレ」という品種です。よく咲くスミレは、パンジーの性質である華やかさに加え、秋から春まで長く咲き続けるという特長も持っています。またビオラの性質である丈夫さと多花性も持ち合わせています。 ・・・ 詳細を見る
昇降口横に咲いています。単色のものが多いのですが、これはピンクと白の混色です。6月下旬から10月下旬までが開花時期のようです。タネをつぶすと白粉(おしろい)のような粉が出てくることからこの名前がつきました。子供の時に「パラシュート」をして遊んだ人も多いのではないでしょうか。 ・・・ 詳細を見る


最初  1  2  3  4  5  6  7  8  最後