HOME > 学校紹介 > 済々黌の四季

黌内の花をまとめました(3月8日(火))

日付 : 16-03-14 10:39     HIT : 1430    

■サンシュユ(1,2段目)
 生物準備室の前に、サンシュユの黄色い花が咲いています。サンシュユは漢字で「山茱萸」と書きます。「茱萸」はグミのことで、秋にはグミのような赤い実がなります。早春を代表する花木のひとつで、春の光を浴びて黄金色に輝く様子から「春黄金花(はるこがねばな)」とも呼ばれます。

■ハクモクレン(3~5段目)
 サンシュユのとなりには、ハクモクレンが咲いています。青空に向かって開く花びらがとても綺麗です。ハクモクレンは花期が短く、満開になったと思ったらすぐに落ちてしまうので目が離せません。済々黌では、ウメ → サンシュユ・ハクモクレン → サクラという順番で春の花が楽しめます。
(写真・文:境)






済々黌の四季

2016

2016/08/23 照会: 1394

・・・ 詳細を見る
 桜の花が満開を迎えました。あいにく午後から雨の予報でしたので桜が花びらが散る前にと、曇りでしたが撮影しました。 今まで黌内の花をたくさん写真に収めてこられた境先生がこの度、異動となられました。季節ごとの綺麗な写真をホームページに提供して頂き、本当にありがとうございました。 ・・・ 詳細を見る


最初  1  2  3  4  5  6  最後