HOME > 学校紹介 > 済々黌の四季

黌内にも雪が降りました

日付 : 16-02-05 08:43     HIT : 2418    

 1月25日(月)、数十年に一度の強い寒波襲来のため黌内が一面、銀世界になりました。佐々先生と井芹先生の銅像にも雪が積もり、お二人とも寒そうに見えます。
 同心学舎や花壇、サクラの木にも雪が積もりました。花壇に積もった雪は、自然に溶けるのを待った方が良いそうです。積雪のため、花壇の花が枯れるかと心配していましたがひと安心しました。上から3段目右側の写真は理科等から見た景色、手前に見える茶色の建物が図書館、その奥に見える山は立田山です。(写真:境・石川/文責:境)






済々黌の四季

2016

 桜の花が満開を迎えました。あいにく午後から雨の予報でしたので桜が花びらが散る前にと、曇りでしたが撮影しました。 今まで黌内の花をたくさん写真に収めてこられた境先生がこの度、異動となられました。季節ごとの綺麗な写真をホームページに提供して頂き、本当にありがとうございました。 ・・・ 詳細を見る
2016/02/05 照会: 2419

・・・ 詳細を見る


2015

管理棟正面玄関前のプランターに咲いています。11月上旬に3年生の女子美化委員が植えてくれました。「パンジーですか?」とよく言われるのですが、「よく咲くスミレ」という品種です。よく咲くスミレは、パンジーの性質である華やかさに加え、秋から春まで長く咲き続けるという特長も持っています。またビオラの性質である丈夫さと多花性も持ち合わせています。 ・・・ 詳細を見る
昇降口横に咲いています。単色のものが多いのですが、これはピンクと白の混色です。6月下旬から10月下旬までが開花時期のようです。タネをつぶすと白粉(おしろい)のような粉が出てくることからこの名前がつきました。子供の時に「パラシュート」をして遊んだ人も多いのではないでしょうか。 ・・・ 詳細を見る


最初  1  2  3  4  5  6  7  8  最後