HOME > 学校紹介 > 済々黌の四季

黌内の花をまとめました(11月2日)

日付 : 15-11-05 13:06     HIT : 1802    

■オシロイバナ(1・2段目)
 昇降口横に咲いています。単色のものが多いのですが、これはピンクと白の混色です。6月下旬から10月下旬までが開花時期のようです。タネをつぶすと白粉(おしろい)のような粉が出てくることからこの名前がつきました。子供の時に「パラシュート」をして遊んだ人も多いのではないでしょうか。

■サザンカ(3・4段目)
 同心学舎前に咲いています。開花時期は10月初旬から2月初旬にかけて。花の少ない秋から冬にかけて咲き始めるので目を引きます。日本が原産地で、学名も英名もサザンカ (Sasanqua)です。

■チャノキ(茶の木)(5・6段目)
 図書館周辺の生垣に、チャノキの白い花が可愛く咲いています。10月初旬から11月中旬までが開花時期です。花が下向きに咲くのが珍しいですね。
(写真/文:境)

オシロイバナ
オシロイバナ
サザンカ
サザンカ
チャノキ(茶の木)
チャノキ(茶の木)





済々黌の四季

2016

 桜の花が満開を迎えました。あいにく午後から雨の予報でしたので桜が花びらが散る前にと、曇りでしたが撮影しました。 今まで黌内の花をたくさん写真に収めてこられた境先生がこの度、異動となられました。季節ごとの綺麗な写真をホームページに提供して頂き、本当にありがとうございました。 ・・・ 詳細を見る
2016/02/05 照会: 1936

・・・ 詳細を見る


2015

管理棟正面玄関前のプランターに咲いています。11月上旬に3年生の女子美化委員が植えてくれました。「パンジーですか?」とよく言われるのですが、「よく咲くスミレ」という品種です。よく咲くスミレは、パンジーの性質である華やかさに加え、秋から春まで長く咲き続けるという特長も持っています。またビオラの性質である丈夫さと多花性も持ち合わせています。 ・・・ 詳細を見る
昇降口横に咲いています。単色のものが多いのですが、これはピンクと白の混色です。6月下旬から10月下旬までが開花時期のようです。タネをつぶすと白粉(おしろい)のような粉が出てくることからこの名前がつきました。子供の時に「パラシュート」をして遊んだ人も多いのではないでしょうか。 ・・・ 詳細を見る
特別教室棟に囲まれた、売店前のサクラが返り咲きしています。10月に入って朝夕は冷えますが、昼間は汗ばむくらいの陽気が続いたからでしょうか。秋にサクラが見られるとは得した気分です。 ・・・ 詳細を見る
テニスコートのわきに季節外れのタンポポが咲いていました。英語名はダンデライオン、「ライオンの歯」という意味です。独特の葉のギザギザを、ライオンの歯並びに例えてこの名がついたそうです。 ・・・ 詳細を見る
正門横に咲いています。名前の通り、秋のお彼岸の頃(秋分の日前後)に花を咲かせます。花びらは外側に向かって反り返り、花の中央からは雌しべと雄しべが長く伸びています。 ・・・ 詳細を見る
2015/09/10 照会: 1985

・・・ 詳細を見る
特別教室前の花壇に咲いています。コリウスは花よりも葉を楽しむ植物です。いろいろな色の葉があります。 ・・・ 詳細を見る


最初  1  2  3  4  5  最後